ローヤルゼリーの特徴的な成分

2019/01/05

ローヤルゼリーは40種類を超える豊富な栄養素、たんぱく質、糖分、脂質、の三大栄養素と ビタミン、ミネラル全てがそろった食品です。40種類を超える豊富な栄養素がバランスよく含まれています。その中でも以下の物質はローヤルゼリーの特徴的な成分です。

アセチルコリン

人間の神経伝達物質として重要な役割を担うアセチルコリンはローヤルゼリーの中に大量に 含まれています。自律神経失調症やボケの防止・予防に役立つものと大きく期待されている物質です。

10-ヒドロキシデセン酸

ローヤルゼリーにのみ存在する物質で、生命中枢(性中枢)の活動を促進する作用を 持つ唯一の物質と言われています。体内の糖代謝を正常にする働きがあり、更年期障害で悩む女性や、生活習慣病の 改善に役立つことが期待されています。殺菌作用、制癌作用等がある物質です。

類パロチン

類パロチンとは、唾液腺ホルモンに類似した生体に欠かすことのできない貴重なホルモンで、 若さを保つのに重要な役割を果たしています 細胞を活性化する若返りのホルモンと呼ばれ 筋肉、内臓、骨等の 組織の成長を促し老化防止に効果があると言われています。

ビオプテリン

栄養素の吸収を促す作用を持つビオプテリン。ノーベル賞学者のプテナント博士が発見した物質で、 女王蜂への分化に関与しているともいわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。