ローヤルゼリーの選び方

デセン酸の秘密
ローヤルゼリー商品力ランキング
ローヤルゼリーの豆知識
ローヤルゼリーサプリの
上手な選び方
ローヤルゼリーサプリは現在、数多くのメーカーにて種類がありますが、その中で選ぶポイントは大きく分けて「価格」「続けやすさ」「ローヤルゼリー含有量」の3つに分かれます。
価 格
価格は商品1個の価格を基本見がちですが、サプリメントですので最終的には続けられやすい価格、すなわち定期コースなどでの割引率がとても重要になってきます。
各メーカーによってその割引率も違いますので、お得に続けたい方は1日○円と計算してみて納得がいくサプリメントを選ぶとよいですよ。
続けやすさ
2つ目は、いかに続けられやすいか。それは上記の価格もそうですが、サプリメント1粒1粒の大きさや1日に何粒摂取すればよいかが大きなポイントになってきます。
多すぎると飲みたくなくなる、かといって少なすぎるとちゃんと摂取できてるのか不安になってしまう。自分に合った粒の大きさなども見つかると思いますので、一度メーカーに問い合わせてみることをオススメします。
ローヤルゼリー含有量
3つ目は1粒あたりの「ローヤルゼリー含有量」ですね。1粒500mgでもローヤルゼリー含有量が数%しかない粗悪品もあります。また、ローヤルゼリーには、デセン酸という成分が含まれています。 デセン酸の含有率が高いものを選ぶというのもひとつの手です。
ローヤルゼリーの成分豆知識
デセン酸 パントテン酸 アセチルコリン 類パロチン様物質 必須アミノ酸 ビタミン ミネラル 10ヒドロキシデン酸 ビオプテリン

ローヤルゼリーの作り方


女王バチの特別食として作られるローヤルゼリー。生後10日前後の若い働きバチがミツや花粉の混合食を食べると、体内で消化吸収後、咽頭線から乳白色のクリーム状の物質が吐き出されます。それがローヤルゼリーです。原料となるのは、花から集めてきた花粉。それを働きバチが体内で消化、分解、生成し、下咽頭腺と大あご腺から分泌したものになります。若い働きバチとは、人間でいえば、17〜18歳くらいの元気盛り。新陳代謝も活発なころです。 女王バチだけが食べられるということから「王乳」とも呼ばれるローヤルゼリーは、まさに栄養の宝庫です。人間の体では作られない必須アミノ酸をはじめとしたアミノ酸、体の調子を整える各種ミネラル、ビタミンなど必須栄養素がバランスよく配合されていて、その中にはデセン酸など、ローヤルゼリーだけが持つ特別な成分があります。

1匹の女王バチのためだけに作られるローヤルゼリーの量は、ほんのわずか。その習性を知り尽くしている養蜂家は、みつばちがローヤルゼリーを貯める王台を人工的に作って巣箱に置くことで、できるだけたくさんのローヤルゼリーを採集する技術を開発しました。
それでも1つの王台から採集できる量は300mgですから、今でもとても貴重な食品なのです。

ちなみに、働きバチたちの食事は、ハチミツと花粉です。糖が主成分のハチミツは、働くためのエネルギーを得られる主食として、タンパク質、ビタミン、ミネラルを含む花粉は、普段のおかずや雨期の間の保存食として食べられています。ローヤルゼリーを食べた女王バチの一生は、働きバチと比べ物になりません。 働きバチの平均寿命が、約1ヶ月なのに対して、女王バチはなんと!2年〜5年も生 きてしまうそうです。

女王バチは、特別な血筋で生まれてくるわけではないのです。 働きバチになる他のハチと同じように、この世に生まれてきます。ただ、女王バチにな るために一匹だけ幼虫に育ったころから、ローヤルゼリーを与え続けているのです。 そして女王バチは羽化し、出産を繰り返すようになってからも、毎日ローヤルゼリー だけを食べ続けるそうです。 たんぱく質、糖質、脂質のほかにも各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸などをバランス よく含むローヤルゼリーは、まさに ミツバチの最高傑作なのです。

Copyright (c) 2009 ローヤルゼリーの選び方. all rights reserved.