ローヤルゼリーの選び方

デセン酸の秘密
ローヤルゼリー商品力ランキング
ローヤルゼリーの豆知識
ローヤルゼリーサプリの
上手な選び方
ローヤルゼリーサプリは現在、数多くのメーカーにて種類がありますが、その中で選ぶポイントは大きく分けて「価格」「続けやすさ」「ローヤルゼリー含有量」の3つに分かれます。
価 格
価格は商品1個の価格を基本見がちですが、サプリメントですので最終的には続けられやすい価格、すなわち定期コースなどでの割引率がとても重要になってきます。
各メーカーによってその割引率も違いますので、お得に続けたい方は1日○円と計算してみて納得がいくサプリメントを選ぶとよいですよ。
続けやすさ
2つ目は、いかに続けられやすいか。それは上記の価格もそうですが、サプリメント1粒1粒の大きさや1日に何粒摂取すればよいかが大きなポイントになってきます。
多すぎると飲みたくなくなる、かといって少なすぎるとちゃんと摂取できてるのか不安になってしまう。自分に合った粒の大きさなども見つかると思いますので、一度メーカーに問い合わせてみることをオススメします。
ローヤルゼリー含有量
3つ目は1粒あたりの「ローヤルゼリー含有量」ですね。1粒500mgでもローヤルゼリー含有量が数%しかない粗悪品もあります。また、ローヤルゼリーには、デセン酸という成分が含まれています。 デセン酸の含有率が高いものを選ぶというのもひとつの手です。
ローヤルゼリーの成分豆知識
デセン酸 パントテン酸 アセチルコリン 類パロチン様物質 必須アミノ酸 ビタミン ミネラル 10ヒドロキシデン酸 ビオプテリン

ローヤルゼリーの原料


ローヤルゼリーの原料となっているのは、ミツバチが花から集めてきた花粉が元になっています。それを働ハタラキバチが体内で消化や分解などをし、それを分泌したものがローヤルゼリーになります。

自然の状態のローヤルゼリーは、ミツバチが次の世代の女王蜂を誕生させる春から夏にかけて、女王蜂となる幼虫専用となる特別室がいくつか作られます。この特別室のことを王台といいます。王台に産み付けられた幼虫の卵が”ふ化”すると、ハタラキバチはその幼虫の餌として、ローヤルゼリーを分泌し、その王台の中に貯めていくのです。 こうして生成された”生”のローヤルゼリーは、舐めると、舌を刺すような酸味がし、見た目は乳白色のクリーム状となっています。

このように、ローヤルゼリーは、はちみつと比べても、成分や生産の過程などが、全く別のものとなっています。 ローヤルゼリーは生もので、デリケートな製品ですから、その鮮度が非常に大切になります。そのため、幼虫を入れてから72時間以内には採取しなければならないとされています。また、ミツバチの活動が最も盛んな早春に採取しているものが一番良いと言えます。

ローヤルゼリー原材料は、生ローヤルゼリー、乾燥ローヤルゼリー、調整ローヤルゼリーと3種類あります。

生ローヤルゼリー

王台から採取して、それをそのまま瓶詰めにしたものです。

乾燥ローヤルゼリー

生ローヤルゼリーの成分中、水分だけを除去した粉末状のもので、そのまま瓶詰めにされたり、カプセルに入れられたものがあります。

調整ローヤルゼリー

生または乾燥ローヤルゼリーに、副原材料や添加物などを使用し製品化したもので、生ローヤルゼリーの使用料が全重量の6分の1以上でなければならないとされています。液状タイプやソフトカプセル、糖衣粒タイプなどがあります。

鮮度から言うと、生ローヤルゼリーが最良ですが、生ローヤルゼリーをそのままパックした商品は、管理が非常に難しく保存にも適しません。 徹底した管理を行っていれば別ですが、鮮度を保つのは非常に難しく、かえって鮮度が悪い状態で売られているものがありますので注意が必要です。 最も多く販売されているのは、乾燥ローヤルゼリーを原料としているものです。また、調整ローヤルゼリーには添加物やその他の原料が含まれています。天然の安心できる素材を使っていれば、問題ないと思いますが、それらの添加物についての詳しい説明がないものについては注意しましょう。

Copyright (c) 2009 ローヤルゼリーの選び方. all rights reserved.