ローヤルゼリーの選び方

デセン酸の秘密
ローヤルゼリー商品力ランキング
ローヤルゼリーの豆知識
ローヤルゼリーサプリの
上手な選び方
ローヤルゼリーサプリは現在、数多くのメーカーにて種類がありますが、その中で選ぶポイントは大きく分けて「価格」「続けやすさ」「ローヤルゼリー含有量」の3つに分かれます。
価 格
価格は商品1個の価格を基本見がちですが、サプリメントですので最終的には続けられやすい価格、すなわち定期コースなどでの割引率がとても重要になってきます。
各メーカーによってその割引率も違いますので、お得に続けたい方は1日○円と計算してみて納得がいくサプリメントを選ぶとよいですよ。
続けやすさ
2つ目は、いかに続けられやすいか。それは上記の価格もそうですが、サプリメント1粒1粒の大きさや1日に何粒摂取すればよいかが大きなポイントになってきます。
多すぎると飲みたくなくなる、かといって少なすぎるとちゃんと摂取できてるのか不安になってしまう。自分に合った粒の大きさなども見つかると思いますので、一度メーカーに問い合わせてみることをオススメします。
ローヤルゼリー含有量
3つ目は1粒あたりの「ローヤルゼリー含有量」ですね。1粒500mgでもローヤルゼリー含有量が数%しかない粗悪品もあります。また、ローヤルゼリーには、デセン酸という成分が含まれています。 デセン酸の含有率が高いものを選ぶというのもひとつの手です。
ローヤルゼリーの成分豆知識
デセン酸 パントテン酸 アセチルコリン 類パロチン様物質 必須アミノ酸 ビタミン ミネラル 10ヒドロキシデン酸 ビオプテリン

はちみつのカロリー


はちみつのカロリーは大さじ1杯(約21g)で約64キロカロリーです。
同じ分量で比べると甘みは砂糖の約2倍と言われますが、カロリーは白砂糖より約3割も低いと言われています。
はちみつが砂糖に比べて太りにくいのは、ミツバチが蜂蜜を作る過程で、糖は既にブドウ糖と果糖に分解されています。
果糖が主成分の半分を占めることには大きな意味があるのです。
一般に糖分が体に吸収されると、血液の中に入り、肝臓へ運ばれてグリコーゲンとうい物質になります。
もしも炭水化物を余分にとって、肝臓がそれをグリコーゲンにして蓄える限度を超えると、
余った分は脂肪に変えられて、脂肪の形で体内に蓄えられこれが肥満になるのです。
甘いものやデンプンを採り過ぎると太るといわれるのはこのためです。
では蜂蜜の場合はどうかというと、最初の15分間はブドウ糖が他のすべての糖の中で一番早く吸収されますが、他の糖類と違って血液中の糖分が多くなりすぎるということがありません。
これは蜂蜜は我々の体が処理できる以上に血糖濃度が一定濃度になると、他の糖類を体に吸収ないという蜂蜜独特の特徴からなのです。
したがって、蜂蜜は一定量以上の糖類を吸収しないことから、普段から砂糖を蜂蜜に置き換えることによって知らず知らずのうちにダイエット効果も期待出来るのです。
ただし、はちみつに『加糖』があっては、ダイエットに効果はありません。純粋なはちみつのみがダイエットサポーターとして活躍します。

はちみつは、美肌にも良いと言われており、最近では、食用以外に化粧品などにも利用されていて、その効果も評判になっているようです。

ミネラルなどの働きにより味にコクがあるため、実は砂糖より蜂蜜を使ったほうが料理の味に深みが出ます。

Copyright (c) 2009 ローヤルゼリーの選び方. all rights reserved.